京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2018年03月30日

衆院選1票格差16訴訟で「違憲状態」1件のみ

 「1票の格差」が最大1・98倍だった昨年10月の衆院選小選挙区選は違憲だとして、弁護士グループが広島、山口両県の計11区の選挙無効(やり直し)を求めた訴訟で、広島高裁は30日、「合憲」と判断した。

 14高裁・支部であった16件の訴訟の判決が出そろい、「合憲」15件、「違憲状態」1件となった。原告側は上告しており、今後、最高裁が統一判断を示す見通し。

 この日の判決で、三木昌之裁判長は「格差は2倍未満で、憲法が要求する投票価値の平等に反しない」と述べた。

 「合憲」の15件は、97選挙区の区割りを見直した昨年7月施行の改正公職選挙法などを評価した。一方、「違憲状態」とした名古屋高裁判決は「区割りは一部を修正しただけで、格差は極めて2倍に近い。問題点の抜本的な解消には至っていない」と指摘していた。

 最高裁は格差が2倍以上だった2009、12、14年の衆院選を「違憲状態」と判断。今回は、小選挙区制度が導入された1996年以降、初めて2倍未満となっていた。



同じカテゴリー(判例やニュース等)の記事
 清水良太郎容疑者を起訴=覚せい剤使用で―東京地検 (2017-10-27 18:14)
 <唐津金塊密輸>青森の男が無罪主張 佐賀地裁初公判 (2017-10-26 18:15)
 <博多金塊窃盗>4被告が起訴内容否認「被害者の同意の上」 (2017-10-25 17:36)
 県職員の妻による詐欺事件の初公判・弁護側は認否保留 (2017-10-24 18:16)
 親族の男性を不起訴処分 (2017-10-23 09:55)
 「小1女児殺害」あらためて無罪主張 (2017-10-19 17:55)

Posted by gerila  at 23:28 │判例やニュース等