京つう

  日記/くらし/一般  |  洛中

新規登録ログインヘルプ



2017年10月12日

「心神喪失の状態だった」元少年被告が無罪を主張 予備校女子生

 2016年2月、福岡市西区の路上で同じ予備校に通う女子生徒=当時(19)=を殺害したとして、殺人などの罪に問われた元少年の被告(21)の裁判員裁判初公判が12日、福岡地裁(平塚浩司裁判長)であった。被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた上で、弁護側は「犯行当時、心神喪失の状態だった」として無罪を主張した。責任能力の有無や程度が争点で、検察側は起訴前の精神鑑定を踏まえ「完全責任能力があった」としている。

 検察側は冒頭陳述で、被告は15年6月ごろ、女子生徒に交際を断られ、予備校内で告白したとのうわさが広まったことに対して「女子生徒が言いふらしたと思い込み、もてあそばれたといらだちを募らせた」と説明。「勉強に集中できないのは女子生徒のせいと考え、殺したいと思うようになった」と主張した。その上で、同年8月と16年1月にナイフ2本と小型のおのを購入し、事件の5日前にも女子生徒を襲撃しようとしていることから、計画性があったとした。

 弁護側は「被告は15年夏ごろから統合失調症を発症し、周囲からばかにされたり、ののしられたりする幻聴に苦しむようになった」と指摘。「女子生徒が被告を苦しめるために言いふらしていると妄想し、殺意を抱いた」と述べた。一方で「当初は理性で抑えていたが、精神疾患の影響で殺害に至ってしまった」と主張した。

=2017/10/12 西日本新聞=



同じカテゴリー(判例やニュース等)の記事
 「小1女児殺害」あらためて無罪主張 (2017-10-19 17:55)
 三重県度会町の官製談合 職員の男を起訴 (2017-10-17 18:53)
 児童クラブ利用料97万円横領疑い 殺人未遂で起訴の吉田町職員 (2017-10-16 17:37)
 「九条守れ」俳句訴訟、掲載拒否は「不公正」 地裁判決 (2017-10-13 18:15)
 速水もこみちさんの弟 不起訴 (2017-10-11 18:37)
 東京電力、「判決精査し対応を検討」=福島原発訴訟判決受け (2017-10-10 17:53)

Posted by gerila  at 17:14 │判例やニュース等